冬の日焼けに要注意!冬こそ集中美白ケアの最適なタイミング

5e6b8a2234d1c6c5bf54ca3680c17149_s

夏はしっかりUVケアをしても、冬になると忘れてしまうことはよくあると思います。

スキーにでも行かない限り、冬はUVケアはいらない、ファンデーションだけで大丈夫、と思っていませんか?

実は、冬こそが美白ケアには大事な季節。

そして美白ケアを忘れると意外にシミ・ソバカス・くすみを増やすことに…。なぜなら、冬場は太陽の位置が低くなり、陽射しを強く感じやすいんです。

屋内で仕事をしていても、太陽の角度が変わっているので、夏場は窓から入ってこなかった陽射しを浴びるようになって眩しい思いをしていませんか。

これが冬場の乾燥に重なると、肌を傷める原因になってしまうんです。冬こそきちんと、UVケアをしましょう。

いくら陽射しが強いといっても、夏場よりも紫外線の量は少ないのですから、冬はシミ・ソバカスを消す絶好の時期なんです。

ここでファンデーションだけにとどめず効果的に日焼け止めを塗ることで、春には一皮むけたような、一段白いお肌が手に入ります。

といっても、冬場の日焼け止め探しはちょっと難しいですよね。

日焼け止めって乾燥するような気がしますし、どれもSPF値が高く『いまの時期そんなにいらないんじゃない?』と思うこともあると思います。

そう、冬のお肌への大敵は『乾燥』。 夏場とはちょっと違った日焼け止め選びが大事になってきます。
アルコールフリー、パラベンフリーの商品だと、乾燥肌も傷めないですね。

お仕事の前にオールインワンゲルを塗り、そのままファンデーションという方は、冬用に選んだ日焼け止めをほんのひと手間、塗りましょう。

いまは日焼け止めも、粉をふいたり白くなったりしないものが出ていますから、化粧下地としても十分、役に立ってくれます。

ジェルタイプ、無香料のものをファンデとお肌の間にはさむことで、斜めに入り込む冬場特有の陽射しが発する紫外線をかなりブロックできます。

日焼け止めは、首や手にも塗りましょう。乾燥も抑えて肌のキメを整え、陽射しのダメージも少なくしてくれます。

ひと冬、根気よく日焼け止めを塗り続ければ、春には驚くほど透明感の増した素肌ができています

。冬場の乾燥によるダメージは、実は低い角度から差し込む紫外線を受け続けたことによるものが多いですから、ここはしっかりケアしたいですね。

コメントは受け付けていません。