若々しい美肌を作るための3つの方法

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

若々しい美肌を保つためには、ほうれい線などのシワ・シミなどへの対策が欠かせません。今回は美肌作りの3つのポイントをご紹介します。

1、ほうれい線を消すには

ほうれい線を消すには衰えた表情筋を鍛える必要があります。それにはべろ回し体操が効果あります。

これは、口を閉じた状態で、頬の内側を舌先でこするようにして回す体操です。右回り50回、左回り50回をめざし、最初は無理のない回数からしていきましょう。

慣れないうちは耳の下やあごのあたりが痛くなりますが、やっているうちに慣れます。できるだけ毎日行いましょう。

体操を習慣づけるために、テレビを見ながらとか、湯船につかりながらというように、時間や場所を決めてしまうと忘れないと思います。

この体操は世界最高齢でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さんも実践しているそうですよ。

2、シミを消すには

氷マッサージが効果があります。マッサージと言っても氷を顔にあてて冷やすだけです。

こすったりもんだりして肌を傷つけないようにしましょう。氷を直接当てるのは冷たすぎるとか凍傷が心配な方は、ガーゼでくるんだり、保冷剤を使う方法もあります。

氷で冷やしたタオルを顔に当てたり、氷を入れた瓶で冷やすこともできます。ご自分に合った方法で冷やすといいでしょう。

肌のターンオーバーは二十代では28日ですが五十代になると40日ほどもかかると言われています。

氷を使って肌を冷やすと、血流が増えて肌のターンオーバーが短くなります。夏場は冷たいのが気持ちいいですが、寒い冬にはお風呂上りにするのがいいでしょう。

シミが消えるばかりでなく、ニキビ跡が消えたり、キメを細かくするのにも効果があります。

3、寝ている間に美肌に

日中、紫外線を浴びてダメージを受けた肌を修復してくれるのが成長ホルモンです。

成長ホルモンは、夜の10から午前2時ごろに深い睡眠をとっているとたくさん分泌します。

10時に布団に入るのは難しくても、できるだけ夜更かしせずに睡眠時間をしっかり確保しましょう。

よりよい睡眠のために、寝る前の甘いものやアルコールは控え、適度な運動を習慣にすることも大切です。

コメントは受け付けていません。